配偶者のレシートやクレジットカードをチェックす

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気のことがわかるものをつかむ事もあります。

まず、普段は入らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見かけることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。


その場所でずっと見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが明らかになった時、結婚生活を続けていいのかどうか決めかねますよね。
ひとまず冷静になって、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。

夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査が必要とする時間は減るので、調査代金はその分安くなるのです。ですが、いつ浮気をしているかわかっていたとしても、友達に何とかきいてもらって、写真を撮るようにすると、骨折り損になることは確実です。



勘づかれないように写真を撮りたいときは探偵を雇うのが賢明でしょう。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかか

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。言うまでもありませんが、調査員が1人なら安く、増えれば増えるほど高くなります。
そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認がいります。



もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を要求しようとするのなら、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、不倫関係が継続している事を、形として確保しなくてはなりません。



貴方が、探偵に助けを求めるのならば、浮気の証拠をキッチリとした形で捉えてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を整えて貰えます。
浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。疑問が確信に変わりきらないケースでは一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。


調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、怪しまれぬよう監視を続け、浮気相手の素性を証拠として押さえるのです。

相手に全く覚られずに、明らかに浮

相手に全く覚られずに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要となる機材や技術があります。

浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠として扱われません。

探偵なら浮気調査をする場合、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。



離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
また、不倫の相手が浮気を認めない際は証拠が必要とされます。第三者からみても明白な不倫の証拠が不可欠です。

動きを記録しておくことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。
普通は、人間の一日一日の行動には決まりができるものです。しかしながら、浮気をしている人は、その習慣が変わってしまいます。揺らぎの出た曜日、時間帯を特定することができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。




富山 浮気調査

メニュー

Copyright(C) 2012 富山 浮気調査で人生が変わった All Rights Reserved.